まずい料理を作ったら、ひとこと

毎日ご飯を作ります。

 

毎回「ほっぺが落ちる~♪」ものを作れたらよいのですが、

 

残念ながら、その時はまだ先のようです。

 

作る努力は私なりにしますが、その努力が味に反映されるとは限らないシロモノもあります。

 

 

私は「好き~おいしい♪」でも家族は「ソウカナ......」ということもあります。

 

 

マズい料理がでたときに、人によってはオブラートに包みますが、

 

「ちょっとお腹いっぱいで・・・コレ(マズ料理)残すね」

 

 

子供達は直球です。

「お母さん、これマズーーい」( ´△`)

 

「マズい」

 

このキーワードは作った人のストレス値を上げるには、なんと効果でしょう。

 

すかさず私は答えます

 

「ニガテ??」

 

子供「うん、ニガテ~~」

 

ふぅ、これでストレス値が少ーーしだけ下がりました(笑)

 

 

基本的に、ニガテなものはガマンせず、残してよいというのが私の考えです。

 

たとえ、栄養がある食べ物・料理でも

 

苦虫をつぶしたような顔で食べたら体に良くない気がします。

 

でも、ニガテ食材はめげずに後日登場します。ジャーーン

 

そのときの体調・気分・調理法によっては食べるかもしれないから。

 

 

 

食材以外のマズイ要素のひとつとして、調理法があります。

 

「ハーブがキツイ」「アクが残っている」「硬すぎ・やわらかすぎ」・・・

 

一生懸命作ったときはなおさら「怒」が強くなりがちですが、

 

そんなときは、素直に「ごめんなさい」「ハーブ味が強かったね」

 

同時に具体的にニガテな理由も聞きます。ソフトにね。

 

 

 

今日は娘が大嫌いなピーマンを使ったおかずを作ります。

 

ピーマン、めげずに登場。

 

フシギなのは、ピーマンとトマトや他の野菜と煮込んだ料理は

 

パクパク食べる娘です。good!

 

 

 

 

*****************************

【募集中の講座】

12/26シフォンケーキ講座

(東京国立・シュクレさん)

 

お申し込みフォーム

 

【お片付けサポートキャンペーン】

*内容*

キッチンのお片付けサポート

(カウンセリング・お片付け作業)

*料金*

¥10000(3時間・交通費・天然酵母パンおまかせセット付き)

その他詳細はコチラ

*****************************

 

 

発酵メルマガ登録フォーム

発酵教室の情報
ママが知っておきたい発酵知識のアレコレ

*は必須項目です

Powered by FormMailer.


レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド